プロフィール
きはらったようす
きはらったようす
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
モバイルでブログを読む
QRCODE
アクセスカウンタ

2022年10月11日

うつ病からの回復のために、薬の服用以外にできること

神経生化学など

うつ病は、うつ病性障害とも呼ばれ、重度かつ持続的な抑う抑鬱症藥物する気分障害です。

うつ病がそのプロファイルに当てはまらないことは、臨床的に明らかです。 陪診つな気分から、自尊心の低下や抑うつ状態、さらには悲観的で無気力な状態まで様々です。 中には、不安や運動興奮が著しいケースもあり、重症例では幻覚や妄想などの精神症状が見られることもあります。

うつ病は1回につき最低でも2週間、高齢者では数年間続きます。 再発しやすい傾向があり、多くは寛解し、一部は症状が残ったり慢性化したりします。

治療面では、うつ病の原因は、発達環境、家庭文化・教育、ライフイベント、精神的刺激、経済的要因、遺伝、神経生化学など、様々な形態の複合的な影響が互いに寄与しあっており、大きく分けて、社会的、生物的、心理的と言われています。

したがって、うつ病の治療もこうした側面から始める必要があります。

臨床症状を速やかに改善し、疼痛治療を緩和するための薬物療法に加え、患者さんの回復と治癒を目指すための様々な補完的治療やリハビリテーション運動があります。

理学療法

中国式バイオフィードバック、IF、電気鍼、スローブレイン、経頭蓋磁気など、企業の状況に応じてさまざまな理学療法研究プロジェクトを選択する必要があります。

経頭蓋磁気刺激は、5-ヒドロキシトリプトファン、ノルエピネフリン、ドーパミンなどの中枢・神経ネットワーク系のバランスを調整できる非侵襲的、非疼痛的、非破壊的で安全かつ有効な非薬物臨床治療技術である。 この結果は、一般に、患者さんにつながるうつ病の軽度から中等度の影響について認識されています。

心理療法

患者は、身体的症状を軽減または除去し、心理的・精神的状態を改善し、家族・社会・職場環境に適応するために、言語的または非言語的要因を通じて訓練・教育・治療される。

うつ病の患者さんの中には、心理的な要因や精神的な刺激が病因となる方もいます。 治療は、心理カウンセリングに重点を置くことで、臨床症状を完全に緩和し、回復を実現することができます。

 


Posted by きはらったようす at 10:19│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。