プロフィール
きはらったようす
きはらったようす
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
モバイルでブログを読む
QRCODE
アクセスカウンタ

2022年06月24日

科学的な腹筋とウエストの絞りを行うには? 効果的にウエストを細く...


男の子は腹筋のラインを、女の子は腹筋のラインボディを希望します。 実際の生活の中で、我々は多くの人々が小さなお腹を持って見つけることができ、生まれた赤ちゃんの母親は水泳リングを持って、長期的な飲酒や娯楽の人々がビール腹を持って、腹ウンチ、長期定住、瘦腰の欠如も小さなお腹を表示するようになった。

お腹が小さく見えることで、体のプロポーションのバランスが崩れ、醜い服装で窮屈な服をコントロールできないため、おじさんやおばさんのように見えてしまいます。 小さなお腹をスリムにし、お腹のウエストを上手に細くするためには、お腹痩せのサイエンスをマスターする必要があります。

腹筋トレーニングの動きを毎日セットで行うことで、お腹の脂肪を落とし、補血氣食品けることができると考えている人もいます。 この方法は非効率であることが証明されています。 体の出力カロリーを増やし、体の摂取カロリーを減らして、効果的にカロリーギャップを増やすことで、初めて体脂肪率の低下を促し、ウエストのくびれもそれに追随するようになるのです。

科学的な腹筋・腰筋を実施したい方。 我が国は、この数少ない研究方法から小腹を減らして、徐々に平らなお腹を取り戻すことが必要なのです

方法1.健康的な食事に調整し、摂取カロリーを減らす

普段からミルクティーやアルコール、フライドチキン、スパイシーフライドポテト、ピザ、フライドポテトなどのスナック菓子を好んで飲んでいると、どうしても脂肪がついてしまうものです。これらの食品は高カロリーで満腹感が乏しく、体に余分なカロリーを残しがちです。

加工しすぎたジャンクフードを減らし、低カロリーで十分な量の自然食品を食べ、食品加工を減らし、低油分、低塩分の食事を維持し、体の負担を減らし、腸の運動代謝を促進し、毒素を蓄積しないようにして、食生活に健康を適応させる必要があります。

健康的な食習慣を身につけ、規則正しく食事をし、野菜を多く食べ、重い高脂肪食を減らすことによってのみ、カロリーをコントロールし、ゆっくりとスリムな体を保ち、効果的にウエストラインを減らすことができるのです。

方法2、週4回以上の運動を維持することができます運動、自分の体の教育活動の消費量を向上させる。

運動は、物理的な品質と抵抗を高めながら、病気の攻撃を減らすために、脂肪の蓄積を避けるために、体のカロリー消費を増やすことができますに準拠しています。スポーツを避けるのではなく、スポーツの趣味を伸ばすことが必要です。

スポーツの中でもより興味のあるものから始めてもいいですし、友達と一緒に登山やボール遊び、水泳、サイクリングなどの野外活動に参加するのもよいでしょう。

週4回以上、1回1時間以上の運動を心がけましょう。 運動する習慣を身につけ、身体能力を向上させることで、座りっぱなしに伴うさまざまな健康被害(腰椎の歪み、脊椎変形、筋肉の硬直など)のリスクを軽減することができます。

4.下肢の血行を促進するために、深くしゃがむ運動を多くする。

現代人の多くは座りっぱなしの勉強をしているため、下肢の血行が阻害され、ヒップや脚、ウエスト部分に脂肪が蓄積されます。 私たち教師は、座りっぱなしの時間を減らし、1時間ごとに起きて指導活動を分析することで、下肢の循環と代謝の発達を促し、効果的にお腹の脂肪を管理・改善することができます。

また、残りの空き時間を使って、ディープスクワットトレーニングを1セット行うことで、効果的に大臀筋を活性化し、ウエストや腹筋のラインを引き締め、下肢を強化することができるので、脂肪の蓄積を抑制することができるのです。

提案:スクワットトレーニングは1回15回を厳守し、4~5セットを繰り返し、標準姿勢を保ちます。 スクワットトレーニングを1セット行うと、下肢に熱を感じ、血液循環が促進されるでしょう。


Posted by きはらったようす at 18:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。